JR東海、「N700S」8両編成の走行試験・バッテリー自走試験を実施へ

  • 公開 2018.03.22

JR東海はこのほど、N700S確認試験車が完成し、次期営業車両に反映する新技術の最終確認に向けた走行試験を2018年3月20日より開始したと発表した。


走行試験スケジュール予定(JR東海ニュースリリースより)

走行試験スケジュール予定(JR東海ニュースリリースより)


今後、特徴的な試験内容として床下機器の徹底した小型・軽量化により生まれたポテンシャルを活用した新技術の試験(バッテリー自走システムによる走行試験・8両編成での走行試験)も実施する。


バッテリー自走システムの概要(JR東海ニュースリリースより)

バッテリー自走システムの概要(JR東海ニュースリリースより)


N700S確認試験車の試験期間は概ね3年間、その後も試験研究専用車両として活用してゆく。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


JR東海ニュースリリース



お披露目された「N700S」 東海道新幹線の新型車両はココがすごい!(2018/03/10記事)






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ