JR貨物、8/28発より山陰線を経由した迂回貨物列車を運行へ

  • 公開 2018.08.24

JR貨物とJR西日本はこのほど、山陰線を利用した貨物列車迂回運転について運転士の養成・線路等の設備確認・ダイヤ調整等を進め、運転開始日・運転時刻が決まったと発表した。


迂回運転するルート 山陰線貨物

迂回運転するルート


迂回運転するルートは山陽線~伯備線~山陰線~山口線~山陽線で、1日1往復の運転を行う。編成両数は7~8両編成(機関車1両、貨車6~7両)、岡山(タ)~米子間はEF64、米子~幡生(操)間はDD51による牽引となる。


山陰迂回貨物列車の運転時刻 ダイヤ

迂回貨物列車の運転時刻


運転開始日は下り:名古屋(タ)発 2018年8月28日(火)〔岡山(タ)発は29日(水)〕、上り:福岡(タ)発 2018年8月31日(金)〔幡生(操)発は31日(金)〕。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


JR貨物ニュースリリース



JR貨物、山陰線を経由した迂回貨物列車を運行へ(2018/08/03記事)






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ