相鉄、JR直通線用新型車両「12000系」が車両基地に到着

  • 公開 2018.12.21

相模鉄道はこのほど、JR直通線用新型車両「12000系」が、かしわ台車両センター(相鉄線 かしわ台駅構内)に到着したと発表した。


無事にかしわ台車両センターに到着


総合車両製作所(J-TREC)で製造された同車両は2018年12月18日に工場を出発しディーゼル機関車にけん引され、相鉄・JR直通線用の列車が乗り入れるJR東海道貨物線を通り「羽沢横浜国大駅*」付近を通過。JR相模線・厚木操車場を経由して、かしわ台車両センターに輸送され相鉄線の仲間入りを果たした。


工場を出発した12000系


今後車両の整備や各種検査等を行い、2019年春の運行開始に向けて準備を進める。


車両製造会社から相鉄線への輸送経路図(イメージ)

車両製造会社から相鉄線への輸送経路図(イメージ)


JR車両と並走する「12000系」


桜木町駅付近をけん引され通過

桜木町駅付近をけん引され通過


ディーゼル機関車でけん引

ディーゼル機関車でけん引


広報担当「そうにゃん」も乗車

広報担当「そうにゃん」も乗車


事業用車「モヤ700系」に連結される「12000系」

事業用車「モヤ700系」に連結される「12000系」


羽沢横浜国大駅付近を通過

羽沢横浜国大駅付近を通過


大山を背景に輸送される「12000系」

大山を背景に輸送される「12000系」


リンク


相模鉄道ニュースリリース



相鉄、JR直通線用新型車両 「12000系」2019年春に導入へ(2018/10/03記事)






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ