JR東日本・相鉄、直通線の申請運賃発表 二俣川~武蔵小杉はIC506円

  • 公開 2019.02.26

JR東日本と相鉄はこのほど、相鉄・JR直通線に関わる運賃等について国土交通大臣に認可申請をしたと発表した。


鶴見駅は相鉄・JR直通線列車は通過するが運賃計算をする上での分岐駅となる(JR東日本ニュースリリースより)

鶴見駅は相鉄・JR直通線列車は通過するが運賃計算をする上での分岐駅となる(JR東日本ニュースリリースより)


直通運転開始に伴い、新たに営業運転を行うJR線区間(羽沢横浜国大~鶴見間;鶴見駅を列車は通過するが運賃計算をする上での分岐駅)に適用する運賃は東京の電車特定区間の運賃を適用する。

また相鉄の西谷~羽沢横浜国大間には相鉄が適用している基本運賃に加算運賃を加える。


JR主要駅から羽沢横浜国大駅を経由し、相鉄線主要駅まで利用する場合の普通旅客運賃(JR東日本ニュースリリースより)

JR主要駅から羽沢横浜国大駅を経由し、相鉄線主要駅まで利用する場合の普通旅客運賃(JR東日本ニュースリリースより)


実施予定日は直通線開業日(2019年度下期)。なお開業までの間に消費税率の引上げが行われた場合には、本運賃に増税相当額を転嫁する予定となっている。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


JR東日本ニュースリリース


相鉄ニュースリリース



相鉄、JR直通線用新型車両「12000系」が車両基地に到着(2018/12/21記事)






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ