JR西日本、七尾線に521系投入へ 413系・415系を順次置き換え

  • 公開 2019.09.10

JR西日本はこのほど、七尾線に「521系」を投入すると発表した。


七尾線 新型車両 521系イメージ

JR七尾線用521系イメージ


これまでの北陸本線で運用している521系車両のデザインを継承しながら、現在七尾線を運行している413系・415系と同じ車体色(輪島の漆塗りを連想させる茜色)をラインカラーとして採用し、北陸エリアで初めて「車載型IC改札機」を搭載する。


車載型IC改札機の利用イメージ

車載型IC改札機の利用イメージ


七尾線用521系は2020年秋頃から順次投入予定となっている。投入線区は七尾線 津幡~七尾駅間(IRいしかわ鉄道 金沢~津幡も含む)。投入車両数は30両(2両編成×15本)で413系・415系車両を順次置き換える。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


JR西日本ニュースリリース



JR西日本、新大阪~奈良ノンストップ特急「まほろば」を運行へ(2019/08/22記事)



JR関空特急『はるか』新型車両「271系」お披露目(2019/07/10記事)






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ