JR東日本、新型砕石輸送気動車GV-E197系・事業用電車E493系投入へ

  • 公開 2021.01.19
  • Posted by 鉄道新聞

JR東日本はこのほど、新型砕石輸送気動車および事業用電車を投入すると発表した。


GV-E197系イメージ(JR東日本ニュースリリースより)


同社では在来線の砕石輸送や砕石散布作業に機関車と砕石輸送用の貨車を使用し、車両の入換作業や回送列車のけん引には機関車を使用。これらの車両が国鉄時代に製造され老朽化が進んでいるため、砕石輸送や砕石散布作業用の新型電気式気動車「GV-E197系」、また入換作業や回送列車けん引用の新型電車「E493系」を投入する。


E493系イメージ(JR東日本ニュースリリースより)


GV-E197系・E493系共に 2021年春以降に投入し、性能試験を実施後に運用を開始する予定。今後、性能評価や技術的検証を実施し、運用エリアについても検討のうえ、本格的に運用を開始する予定となっている。詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


現行方式との比較および GV-E197系の概要(JR東日本ニュースリリースより)


現行方式との比較およびE493系の概要(JR東日本ニュースリリースより)




リンク


JR東日本ニュースリリース


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

この記事を読んだ方に、絶対読んでほしい記事

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ