東武鉄道、復活運転用のSLが北海道から到着

  • 公開 2016.08.19

東武鉄道はこのほど、2017年夏運行開始予定の日光・鬼怒川地区SL復活運転に向けてJR北海道より借り受ける蒸気機関車について、2016年8月19日同社南栗橋車両管区(埼玉県久喜市)に受け入れたと発表した。


苗穗工場で出発に向けて準備中のSL

苗穗工場で出発に向けて準備中のSL


SLは2016年8月12日(金)にJR北海道苗穂工場(北海道札幌市)を出発し、途中陸路、海路を経て、8月19日(金)に同社南栗橋車両管区(埼玉県久喜市)に到着した。


大洗港に到着したSL

大洗港に到着したSL


今後は、同社線内での運転に向けて、JR北海道で養成を受けた検修員が中心となり、様々な整備・改修等を行っていく。


南栗橋車両管区に到着したSL

南栗橋車両管区に到着したSL


また2016年9月頃にはJR四国から客車を受け入れ、2016年12月頃にJR東日本からディーゼル機関車を受け入れる予定。2017年4月頃に東武鬼怒川線にて試運転を開始する予定となっている。


SLが運搬された経路や復活運転の計画概要など、詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


東武鉄道、SL運行概要を発表 車掌車やDLも連結へ(2016/04/21記事)

東武鉄道ニュースリリース


鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook



鉄道新聞 公式アカウント

@tetsudoshimbun - 公式Twitter

鉄道新聞Facebook - 公式Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ