JR東日本、新たな形式のホームドアを横浜線町田駅に試行導入へ

  • 公開 2016.09.06

JR東日本はこのほど、従来のホームドアより開口部が広く低コストで工期短縮可能な、新たな形式のホームドア(JR東日本メカトロニクスが開発)を横浜線町田駅に設置し、今後の展開に向けた検証を進めてゆくと発表した。


今回導入するホームドアのイメージ(JR東日本ニュースリリースより)


新たな形式のホームドアは、扉部が横開きのフレーム構造で、左右にスライド。 既存ホームドアと同等の強度を確保しながら、内部機構を簡素化、 列車の停止位置の許容範囲を広げるよう、開口部を幅広(2,800mm)にしているなどの特徴がある。


新たな形式のホームドアの特徴(JR東日本ニュースリリースより)


試行導入場所や時期など、詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。


リンク


JR東日本ニュースリリース

JR山手線・京浜東北線 品川新駅(仮称)の概要・駅舎イメージを発表(2016/09/06記事)

北斗星の2段ベッドなどを再利用した宿泊施設「Train Hostel 北斗星」オープンへ(2016/09/06記事)






鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Twitter

鉄道ニュース@鉄道新聞 - Facebook



鉄道新聞 公式アカウント

@tetsudoshimbun - 公式Twitter

鉄道新聞Facebook - 公式Facebook




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ