フリーワード検索

話題

2016/03/26 06:00

【滞在時間3分】北海道新幹線で「東京~札幌」鉄道日帰りに挑戦してみた

Posted by 福岡誠

【2016/3/26 23:04 無事達成しました!】

2016年3月26日、北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)が開業、本州と北海道が新幹線で結ばれました。

東京~新函館北斗間を最速4時間2分で結び、鉄道日帰りも理論上可能となりましたが、同時に史上初めて「東京~札幌間」も鉄道の日帰りが可能に!


JR各社、2016年3月26日にダイヤ改正 北海道新幹線の時刻表も発表(2015/12/18記事)

「はやぶさ」「はやて」として北海道新幹線にも乗り入れる「E5系」

「はやぶさ」「はやて」として北海道新幹線にも乗り入れる「E5系」


ただし、
東京発の場合札幌に滞在できる理論上の時間はわずか


「3分」!!!


これをJR北海道のプレスリリース発表で知ってからというもの、いてもたってもいられなくなった筆者はついに開業日を迎えた今日、本当に鉄道日帰りができるか、この足で実証することとしました。


①【はやぶさ1号】東京0632→新函館北斗1058
②【特急スーパー北斗9号】新函館北斗1109→札幌1441
③【特急スーパー北斗16号】札幌1444→新函館北斗1809
④【はやぶさ38号】新函館北斗1836→東京2304

上記が今回のスケジュール計画です。

片道約8時間、往復約16時間で札幌3分滞在。まさに「エクストリーム旅行」「とんぼ帰り」ですが、これ以外の東京→札幌鉄道日帰りのパターンは組めず唯一のパターンなのです。ちなみに逆(札幌→東京日帰り)では東京に1時間16分も滞在が可能です。



3分の滞在のために、1か月前に頑張って東京発新函館北斗ゆき1番列車などのきっぷを取りました(最後の「はやぶさ38号」は未発券のため予約画面)。

新函館北斗~札幌間は単線区間が多く、列車行き違いの都合等によりダイヤの影響を受けやすい路線。そんな中、乗り換え時間は「3分」なので、「スーパー北斗9号」が数分でも遅れれば”ゲームオーバー”です。


実際に挑戦してみた



東京発新函館北斗ゆき北海道新幹線1番列車「はやぶさ1号」に乗りました。

途中大宮駅では盛大なお見送りも。



ちなみにこの車両、あの紫帯の「H5系」ではなく「E5系」ですが最新仕様車です。車内照明はLED、「全席コンセント」完備です。



仙台駅を過ぎました。



東京駅で買った北海道新幹線弁当を食べました。可愛い「H5系」弁当箱に、ちらし寿司、北海道の形の昆布も。



「はやぶさ1号」は新青森を発車。いよいよ北海道新幹線に突入!





JR北海道の車掌さんになり「北の大地へ入ります」との放送にワクワク!

奥津軽いまべつ駅より、青函トンネルへ。

ちなみに青函トンネル内は避難用の海底駅のみ電波入り、通過の瞬間(約10秒間)にツイートすることに成功。



青函トンネルを抜け、「はやぶさ1号」北海道に上陸!終点新函館北斗です。

その先札幌までの特急は、単線区間のため、行き違いなどでダイヤの影響を受けやすい区間。数分遅れたらゲームオーバーです。



駅は大賑わい!そして札幌行きの特急列車に乗り換えです。



記念品として本物の「ラベンダー」の鉢を頂いてしまいました。



こちらは、新函館北斗~函館駅間を結ぶ快速列車「はこだてライナー」です。



特急「スーパー北斗9号」に乗り換え、札幌に向かいます。



ここから札幌までは定刻なら3時間半の乗車になります。



大沼公園付近の景色です。チラホラ雪景色なのが新鮮です。



さて昼食タイムです。できたてのそばを列車の中で食べる機会は中々無いですよね!

予め予約すると席まで届けてくれます。



そして、つゆが残ってどうやって捨てるか困ってます



ついでに刻み海苔も入れ忘れました。



ゴリ押しの飲食店が見えてきました。登別駅を発車。

東京駅出発から7時間、あと1時間で札幌です。


あともう少しのところで…!?


あともうちょっとという所で、新千歳空港にほど近い「南千歳駅」周辺で徐行運転となり、3分遅れに。冷や汗が出てきました。

そして札幌駅に近づいても数分の遅延を引きづっており、”ゲームオーバー”寸前に。

しかし乗り換える札幌発函館ゆきが、例えば他方面からの特急など(遅れてた場合ですが)の接続を取る可能性も、ごくごく、僅かにあるのではということで、その可能性が0でない限り、このままの遅れでも札幌まで乗り、折り返し乗る列車の発車ホームまでは、行ってみることとしました。

そして、予定より少し遅れて札幌に到着。

なんと鉄道新聞のフォロワーさまがホームで待機して下さり、北海道のお土産を頂きました!!

そして「この先階段下りて右!7番線!」と乗り換え先も指南して下さりスムーズに。



そして最大の難関、札幌駅乗り換えが無事間に合いました!

札幌滞在時間は、予定よりさらに短い約1分30秒でした。



札幌の写真、これしか撮れませんでした…(しかも車内から)



鉄道新聞のフォロワーさまより頂いた北海道のお土産です!本当にありがとうございます。



特急スーパー北斗16号は現在、苫小牧です。

クールダウンに、少しでも北海道らしいものを車内販売で買ってみました。



車窓の夕日と海です。

伊達紋別(だてもんべつ)駅を発車。だいぶ道南に戻ってきました。



札幌から新函館北斗駅に戻ってきました!定刻です。



そのまま真横が新幹線ホーム!ですが、せっかく時間あるので一旦改札を出てみます。



せっかく新函館北斗駅の大きな駅舎の外観撮りたくて外出たのに、出口間違えました



いよいよラストの はやぶさ38号東京行、新函館北斗駅を定刻に発車しました。

「この惑星の新幹線は、妙にテンションが上がる。」



この時間になっても、新幹線が入線する姿を一目見ようと大勢の方々がコンコースに集まっていました。



帰りの北海道新幹線は、予約変更で取れた、新幹線のファーストクラス「グランクラス」から中継することになりました。



グランクラスは座席が本当に大きいのと、普通車以上に揺れが無いです!アルコール含めフリードリンクです。



北海道新幹線 のファーストクラス、グランクラスは軽食やお茶菓子を頂くことができます。



はやぶさ38号、盛岡に停車中。こまちを待ち構えています。



はやぶさ38号は定刻に走っています。このまま走ればあと1時間弱でいよいよ東京…!

片道8時間往復16時間のエクストリーム乗り鉄もラストスパートです。



無事、東京駅に到着。

東京ー札幌鉄道日帰り、達成しました!


なんと東京駅でもフォロワーさまにお出迎え頂きました!

また、同じグランクラスに乗られていた方々も見て下さっており、お祝いの言葉を頂きました。本当にありがとうございます。



★今回のパターンの札幌駅乗換(S北斗9号→S北斗16号)は、本来接続の必要の無い列車同士(同じ区間の特急列車の上りと下り)ですので、仮に9号が遅れたとしても接続(発車待ち)は取られません。

★また先述の通り、新函館北斗~札幌の多くが単線であり遅延可能性など目標未達リスクがあること、また鉄道安全輸送の観点もあわせてご認識頂き、決して無理な計画・行動はなさらないよう宜しくお願いいたします。

★今回の旅行企画は上記リスクを認識し、安全に旅行できない場合は翌日など再挑戦することを前提に行っているものです。


おわりに…


今回の旅をとおして、まず本当に本州と北海道が新幹線で繋がったということを体感しました。

同時に、「東京~札幌鉄道日帰り」もできることが実証でき、また実感することができました。一方函館から札幌の距離感はぬぐえず、ぜひ早く札幌まで新幹線がつながってほしいとも思います。

今回、札幌1分30秒滞在以外は、1日中殆ど座りっぱなしだったにもかかわらず、函館乗り換え時のおもてなしや、札幌でフォロワーさまからお土産を頂き、東京駅でもお出迎え頂くなど、思っていたよりも北海道にいた実感、また「旅」をした気分でした。

そして長い1人旅にもかかわらず、とても1人で旅行しているとは思えませんでした。
これは、SNSのフォロワーの方々をはじめ沢山の皆様が応援して下さったお陰です。心より感謝申し上げます。


撮影:福岡誠


関連記事


140円で山手線をほぼ1周!大回り乗車「駅ナカグルメツアー」をしてみた

想像以上の快適さ!寝台特急「カシオペア」に乗ってみた【乗車記】(※一般運行終了)

1日早く山手線の新型車両に乗ってみた 「E235系」の注目ポイントはココだ!



@tetsudoshimbun - 公式Twitter

鉄道新聞Facebook - 公式Facebook



「鉄道新聞」は登録商標です。







  • 伊豆急鉄道新聞

カテゴリー

  • 話題
  • マメ知識
  • ギモン
  • トリビア
  • 鉄道模型
  • 駅弁・グルメ
  • ママ鉄小鉄
  • 鉄ガール


  • ソロ活


  • ぐるなび