【プラレール解説】JR山手線で大規模運休、渋谷駅でどんな工事をするの?

  • 公開 2021.10.22
  • Posted by 福岡 誠

2021年10月22日終電後から10月24日初電までの約52時間、JR山手線渋谷駅で大規模な工事が予定されています。

線路切換工事に伴う山手線の運転見合わせとしては、JR東日本発足後過去最長となる大規模な運休、一体どんな工事をしているのでしょうか?鉄道新聞社を走るプラレール山手線を使って簡単に解説します。


山手線渋谷駅が、変わる…!?


運休の理由は山手線渋谷駅の工事!



現在の渋谷駅は、山手線内回り、外回りにそれぞれホームがありますが、常時乗降客も多く、混雑しがちです。


今回の工事内容



今回の工事では、既存の線路を切り離し、少し内側に新設した線路(灰色)と溶接し、線路が少し移動します。



広くなったスペースの分、内回りのホームが広がります。これが、今回の工事です。

52時間という限られた時間の中で、線路を切りはなし、新しい線路を溶接し、ホームを拡張する。大変な作業です…!


今回の工事で、プロジェクト完了ではなく、さらに渋谷駅の進化は続きます。


最終的には「島式ホーム」に大変身!



次の工事では、外回りの線路も少し外側に移動します。



そして、内回り・外回りのホームが統合され、幅13.5mの安全な、広いホームへと生まれ変わります。



ちなみに13.5mという幅は、標準的な小学校プールの幅(12メートル前後)がすっぽり入る大きさです!(ホームの長さは11両分、約220m~)


今後、外回りの線路切り替えにも工事運休が発生すると思われますが、その先には安全で便利な駅への変身があります。

工事運休日は10月23日(土)初電から10月24日(日)終電まで、運休区間は山手線内回り池袋~渋谷~大崎間です。内回りの残りの運転区間や、外回り列車は本数を減らして運転しますのでご注意ください。

う回乗車など詳細情報は、JR東日本ニュースリリースをご覧ください。


JR東日本ニュースリリース


【動画プラレール解説】


鉄道新聞編集長の福岡 誠が動画で解説します。

https://youtu.be/l65lKxgpYXE





※記事内の画像は全てイメージです。




鉄道新聞®トップページへ


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ