【お披露目レポ】JR東海の在来線新型車両「315系」

  • 公開 2021.12.03
  • Posted by 福岡 誠

2021年12月3日、JR東海の新形式の在来線通勤型電車「315系」がお披露目されました。その様子を写真を中心にレポートします。


315系と従来車両211系の並び


動画



315系って?


JR東海の会社発足前後に投入され、更新期を迎える「211系」などに代わる新型車両。最新技術を導入して、安全性・安定性のさらなる向上などを実現した、新しい形式の在来線通勤型電車です。


315系外観イメージ(画像提供:JR東海)


従来車両(211系)に比べ電力消費量を35%低減の省エネを実現、主要機器は2重系統化され故障しにくい電車となります。

取替え対象の主形式となる「211系」の座席はロングシートのため「315系」もロングシートとなり、座席幅は211系と比較し一人あたり1cm拡大します。



ドア上部にフルカラー液晶ディスプレイを設置するほか、1両につき5箇所の車内防犯カメラ、全車両に車椅子スペース、全編成に車椅子対応トイレを設置します。

また冷房機能は211系比で約3割向上し、AIによる自動学習・制御最適化機能を国内で初めて導入します。

JR東海の在来線車両で初となる非常走行用バッテリーを搭載、停電時などに最寄り駅まで走行が可能となる予定です(2022年夏以降順次、完成済み車両含め搭載開始予定)。



315系外観



先頭部は、直線を使用した幾何学的な前面形状に高輝度LEDの前照灯を配置した顔となり、色はホワイトとコーポレートカラーのオレンジを調和させた配色になっています。












315系車内


車内の床やシートは青系のデザインに。照明もLEDとなり、座席仕切り部も大型になっています。


















車椅子対応トイレの様子です。



オムツ替え台も設置されています。




運転台の様子です。





※315系主要諸元は後日改めて掲載予定です。


315系、いつから乗れるの?


315系のデビュー日は2022年3月5日で、最初の投入区間は中央本線 名古屋駅~中津川駅間。同区間は、特急車両を除き2023年度中に車両が315系に統一される予定です。

2025年度にかけて計352両を新製し、名古屋・静岡都市圏を中心に、東海道本線、関西本線等にも順次投入する計画です。


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ