6両編成のN700S!

【お披露目レポ】西九州新幹線の赤いN700S「かもめ」

  • 公開 2021.12.22
  • Posted by 福岡 誠

2021年12月22日、西九州新幹線N700S「かもめ」がお披露目されました。その様子を写真を中心にレポートします。


西九州新幹線N700S「かもめ」


動画(1分12秒)



赤いN700S「かもめ」って?



2022年秋頃に開業予定の、西九州新幹線(武雄温泉~長崎間)用の車両。JR東海が2020年7月より営業投入しているN700Sがベースの6両編成です。


短編成(8両編成)で試験をするJR東海のN700S


N700S開発コンセプトの1つ『16両編成の基本設計そのままに短編成も組むことが可能』が早速生かされた形です。JR九州の列車デザインでおなじみの水戸岡鋭治氏がデザインを手掛けます。


愛称名は「かもめ」 ©Don Design Associates


列車名は「かもめ」。1961年から長崎行きの特急列車として運行を開始、現在も博多~長崎間を結ぶ特急の名称として約60年の間親しまれてきた名称を継ぐことになります。



今回は、車両を製造している日立製作所 笠戸事業所(山口県)にて、1・2号車の外観および3号車の車内がお披露目されました。



西九州新幹線N700S「かもめ」外観


形状こそN700Sですが、デザインは白ボディーに青帯の東海道・山陽新幹線N700Sからガラリと変わり、JR九州のコーポレートカラーである赤を配色、シンボルマークやロゴを配置しています。













西九州新幹線N700S「かもめ」車内


和洋折衷、クラシックとモダンが組み合わされた、懐かしくて新しい空間を表現。指定席は2-2列、自由席は3-2列になっています。


きょうは指定席の3号車のみ車内がお披露目されました。

















いつから乗れるの?



西九州新幹線(武雄温泉~長崎間)は2022年秋頃に開業予定です。区間開業により、博多~長崎間を鉄道移動する場合、博多~武雄温泉間はリレー列車「リレーかもめ」、武雄温泉で接続する新幹線「かもめ」に乗り換えて長崎へ、という形になります。






記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ