東武アーバンパークライン、2016年春に急行運転開始へ 停車駅も発表

  • 公開 2015.11.05

東武鉄道は11月5日、2016年春に予定している東武アーバンパークライン(野田線)におけるダイヤ改正で登場する急行列車および最終列車繰り下げの運転概要を発表した。


東武アーバンパークライン 急行 停車駅

東武アーバンパークライン 急行列車および最終列車繰り下げの運転概要


東武アーバンパークライン急行列車の停車駅は、大宮・岩槻と春日部~柏(船橋)間の各駅。大宮~春日部間の停車駅は岩槻のみとしており、同区間の所要時間は約6分短縮される。


これにより、急行列車の平均所要時間は大宮~春日部間:15分(各停:21分)、大宮~柏間:57分(各停:63分)となる。


ダイヤ改正ではこのほか、七光台~柏間の上下最終列車を11~15分繰り下げる。


その他ダイヤ改正の詳細については改めて発表される。


画像提供:東武鉄道


2016年春より東武アーバンパークラインに急行列車が誕生! - 東武鉄道ニュースリリース


関連記事:



東武東上線の座席定員制列車「TJライナー」上り列車を新設へ 下りも増発


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ



記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ