バンコク都市鉄道パープルラインが開業 日本製車両・メンテナンスで運行

  • 公開 2016.08.09

総合車両製作所(J-TREC)とJR東日本はこのほど、タイ王国の首都バンコクの都市鉄道パープルラインが8月6日に開業、J-TRECが製造した「sustina」21編成63両の鉄道車両がバンコクの地で運行を開始すると発表した。



同線については、J-TRECが鉄道車両を供給。またJR東日本と丸紅、東芝と共同で設立した会社を通じ、鉄道車両や各種地上設備のメンテナンス業務を実施する。

本件はバンコクの都市交通に日本製の鉄道車両が初めて採用され、また日本の鉄道事業者を含めた企業連合が海外での鉄道メンテナンス事業に参画する初めてのケースとなる。


リンク





鉄道新聞 鉄道ニュースアカウン




鉄道新聞 公式アカウント




記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ