フリーワード検索

トリビア

2015/08/20 19:19

1日3往復あった寝台特急「北斗星」そして幻の豪華列車「夢空間北斗星」とは

Posted by 福岡誠

2015年8月、まもなく完全引退となる上野~札幌間を結ぶ寝台特急「北斗星」。

全盛期の「北斗星」車内から、豪華派生列車「夢空間北斗星」、そして「北斗星」を牽引してきた電気機関車など、さまざまな「北斗星」の姿や雰囲気をお届けします。

写真は特筆を除き2002~2007年頃の撮影です。


関連記事:さよなら寝台特急「北斗星」 27年の歴史に幕


全盛期の「北斗星」と各設備・個室


北斗星 EF81

かつての「北斗星」の牽引機関車「EF81」


2010年頃まで「北斗星」は「EF81」という電気機関車が本州区間を牽引していました。


上野駅 13番線 北斗星1号 表示

上野駅13番線「北斗星1号」表示


全盛期は上野発が「1・3・5号」、札幌発が「2・4・6号」と、毎日3往復走っていました。


北斗星1号 食堂車

「北斗星1号」の食堂車


「1・2号」はJR北海道所有の車両で、食堂車「グランシャリオ」も晩年の車両(JR東日本の車両)とも雰囲気が異なっていました。


JR北海道 北斗星 食堂車 グランシャリオ

JR北海道「北斗星」グランシャリオ


赤いランプシェードが印象的なJR北海道所有の北斗星食堂車。


北斗星 半室 ロビー室

「北斗星」半室ロビー室


「北斗星1・2・5・6号」の半室(1両の半分)ロビーの様子です。編成によってランプ・椅子の形状など微妙な差異がありました。


北斗星 シャワールーム

「北斗星」シャワールーム


共用(予約制)のシャワールームです。


「北斗星」 B寝台

「北斗星」B寝台車両


B寝台(解放2段寝台)の様子です。


北斗星 ソロ

「北斗星」ソロ


B寝台1人用個室「ソロ」。


「北斗星」 デュエット

「北斗星」デュエット


B寝台2人用個室「デュエット」。


「北斗星」 ロイヤル

「北斗星」ロイヤル


A寝台1人用個室「ロイヤル」。補助ベッドを引き出すとダブルベッドとなり、2人利用も可能。


「北斗星」 ツインデラックス

「北斗星」ツインデラックス


A寝台2人用個室「ツインデラックス」。個室の中が2段寝台になっており、昼間はソファにもなります。


JR北海道 北斗星 ツインデラックス

JR北海道「北斗星」ツインデラックス


こちらはかつて「北斗星1・2号」に隔日で連結されていた「ツインデラックス」。先ほどの2段寝台タイプと違い、「デュエット」が広く豪華になって洗面台が付いたような構造でした。


JR北海道 北斗星 ツインデラックス

JR北海道「北斗星」ツインデラックスのソファ状態

全室ロビーカー

全室ロビーカー


かつての「北斗星3・4号」には1両すべてがロビーの車両が連結されていました。このうち1両は予備車として残され、奇しくも2015年4月~8月の最後の臨時「北斗星」で”復活”しました。


「北斗星」派生列車・そして豪華列車「夢空間北斗星」


北斗星小樽号 方向幕

「北斗星小樽号」の行先方向幕


全盛期の繁忙期には、「北斗星1号」を札幌から小樽まで延長運転する「北斗星小樽号」や、オリエント急行をモチーフにした3両の豪華試作客車「夢空間」を連結した「夢空間北斗星」・「北斗星トマムスキー号」なども年に数回運転されました。


夢空間北斗星

「夢空間北斗星」


「夢空間」は①展望ダイニングカー・②ラウンジカー・③デラックススリーパー(スイートルーム車両)の3両からなり、主に「北斗星」編成と連結の上、臨時列車として運転されました。


「夢空間北斗星」 スーペリアツイン

「夢空間北斗星」スーペリアツイン


「夢空間北斗星」のデラックススリーパーの1個室「スーペリアツイン」のベッドです。ホテルのようなツインベッド、食堂車直通の電話などが備わります。ブラウン管のTVは衛星放送が観られました。


「夢空間北斗星」 スーペリアツイン ソファ

「夢空間北斗星」スーペリアツインのソファ


「スーペリアツイン」のソファです。

その右側には、今でも珍しい”バスタブ付き”のお風呂・洗面・トイレが付いています。
デラックススリーパーには「スーペリアツイン」2室と「エクセレントスイート」1部屋がありましたが、3部屋とも”バスタブ”付きでした。


「夢空間北斗星」 デラックススリーパー 廊下

「夢空間北斗星」デラックススリーパーの廊下


夢空間北斗星「デラックススリーパー」の廊下です。


夢空間北斗星 ラウンジカー 「スプレモ」

夢空間北斗星 ラウンジカー「スプレモ」


夢空間北斗星のラウンジカー。自動演奏ピアノが流れ、まるでホテルのバーのような雰囲気でした。


夜の「夢空間北斗星」ラウンジカーのバーカウンター

「夢空間北斗星」 ダイニングカー

「夢空間北斗星」ダイニングカー


夢空間北斗星のダイニングカーは、下りでは最後尾となり、大きな窓で流れゆく景色を見ながら食事ができました。また”個室ダイニング”も備わっていました。


本州で「北斗星」を牽いてきた電気機関車たち


北斗星 機関車 EF81 EF510

北斗星の新旧電気機関車「EF81」と「EF510」(2010年撮影)


左がデビュー時から2010年頃まで「北斗星」本州区間を牽いてきた「EF81」。右は2010年以降の北斗星の主力機関車「EF510」です。

実は「北斗星」のヘッドマークは銀枠のもの(左)と金枠のもの(右)の2種類があります。


「北斗星」「カシオペア」機関車の並び

「北斗星」「カシオペア」新旧機関車の並び(2010年撮影)


機関区に並んだ「北斗星」「カシオペア」の新旧機関車。

まれに「カシオペア」色の機関車が「北斗星」を牽引することもありました。


「北斗星」車内スナップあれこれ


最後に、「北斗星」の乗車スナップをいくつかご紹介します。



豪華なイメージの「北斗星」車両ですが、所々にレトロな表記などがありました。


グランシャリオ 入口

この扉を開けると、食堂車「グランシャリオ」です。食堂車の入り口には営業時間の案内などが釣り下がっていました。


北斗星「グランシャリオ」

ディナーのセットが整った食堂車の様子。


北斗星 パブタイム メニュー

北斗星のパブタイムメニュー


予約制のディナータイム終了後は予約不要の「パブタイム」の営業がありました。ハンバーグやビーフシチュー、パスタや一品料理におつまみ・デザートなど、充実したメニューでした。(2007年撮影)


北斗星 パブタイム ハンバーグセット

パブタイムのハンバーグセットです。(2010年撮影)


北斗星 廊下

北斗星の廊下


「北斗星」の個室の廊下は、編成や号車によって雰囲気がさまざまなのも特徴の一つでした。


北斗星 グランシャリオ 朝食

朝の食堂車。下り「北斗星」(札幌行き)では、前夜の景色とうってかわって広大な景色を眺めながら朝食を食べることができました。


北斗星 食堂車 モーニング

晩年の北斗星モーニングタイムの朝食(洋食)です。(2014年撮影)



北斗星 札幌 dd51

終点札幌に到着した下り「北斗星」


27年間、さまざまな夢や想いを乗せて走ってきた寝台特急「北斗星」。いよいよ2015年8月21日(上野発)・22日(札幌発)ラストランを迎えます。


関連記事



さよなら寝台特急「北斗星」 27年の歴史に幕(2015/08/22記事)



1泊2,500円~の「トレインホステル北斗星」が想像以上に北斗星だった(2016/12/01記事)



北斗星の食堂車そのまま!東川口のレストラン「グランシャリオ」に行ってみた(2016/12/12記事)


好評配信中!鉄道新聞公式Twitter・Facebookページ








  • 伊豆急鉄道新聞

カテゴリー

  • 話題
  • マメ知識
  • ギモン
  • トリビア
  • 鉄道模型
  • 駅弁・グルメ
  • ママ鉄小鉄
  • 鉄ガール


  • ソロ活


  • ぐるなび