車掌は“そうにゃん”!?姿を現した相鉄新横浜線 JR直通用「12000系」

  • 公開 2018.12.18

京浜急行の神武寺(じんむじ)駅付近にでネイビーブルーの車体の相模鉄道の新型車両を目撃しました。



相鉄の新型車両 「12000系」って?


2019年度下期に開業予定の相鉄新横浜線(JR線直通)用の車両。概要はニュース記事をご覧ください。

相鉄、JR直通線用新型車両 「12000系」2019年春に導入へ(2018/10/03記事)



このほどその第一弾が完成、車両を製造していた神奈川県の総合車両製作所(J-TREC)からこの神武寺駅に移動し、相鉄線への輸送を控えている所です。



最後部には同社のキャラクター「そうにゃん」の姿も。ゆっくりは見られませんでしたが、その様子を写真でお伝えします。



運転室に、そうにゃん!



以前、相鉄「20000系」(東急線直通用車両)の輸送時も、乗っていました。今回は少し小さくなりましたが。



前面はライト周りが筒状にオレンジ色になっていて、実際に見るとこれが結構アクセントになっています。



車体色はネイビーブルーで黒に近い青色ですが、日の当たり方や角度で色が変わります。また、光沢が強くピッカピカ!



先頭車両は屋根に様々なアンテナ類が設置されています。



昨年登場した「20000系」とデザインコンセプトは同じですが、車体形状(幅)や窓形状などが異なることもあり、個人的には大分また印象が変わりました。



「12000系」は2019年春デビュー予定。2019年度末までに全6本(60両)導入予定です。

なお今回のJR線直通用とは別に、2022年度下期開業予定の東急新横浜線直通用の車両「20000系」はすでに1本が完成し、相鉄線で営業運転を行っています。



関連記事



「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」に決定 神奈川東部方面線の路線名称(2018/12/13記事)



相鉄、JR直通線用新型車両「12000系」が車両基地に到着(2018/12/21記事)



相模鉄道、新型車両「20000系」お披露目 相鉄・東急直通線用車両(2018/01/17記事)



【コレ知ってる!?】駅構内にある、昔ながらの電光掲示板の天気予報(相鉄横浜駅改札内。2018/11/15記事)






記事内の情報は全て掲載時点のものです。

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ