7月1日デビュー間近!

東海道新幹線N700S『量産車』、最新の車内

  • 公開 2020.05.19
  • Posted by 福岡 誠

2020年7月1日にデビュー予定の東海道新幹線の新型車両「N700S」。


16両編成の姿となったN700S『量産車』


2月25日に、実際にお客さんを乗せて走る『量産車』の積み込み作業の様子をお届けしましたが、量産車の最新の車内はどうなっている!?写真を中心にお届けします。


N700Sって?


東海道新幹線の次期車両。最新の技術開発成果を取り入れた、N700系以来の”フルモデルチェンジ車”です。

・N700Sの車内外の概要記事
お披露目された「N700S」 東海道新幹線の新型車両はココがすごい!


N700S量産車の車内



N700S量産車の普通車車内。基本的な仕様は既にお伝えしている確認試験車と同じです。



N700Sでは既報の通り、通路側含め全席でコンセントが使えます。肘掛け部に設置されています。



確認試験車(試乗時)は未実装だった『カーテンを下げた状態でも飲料を安定して置くことができる』側窓テーブル実装の様子です。



こちらも確認試験車(試乗時)では一部未実装だった、普通車の座席背面部『荷物掛けフック』。先代のN700A普通車には無い設備です。



11号車の車椅子スペース付近の内装。N700Aでは1台分だった車椅子スペースは2台分に増強されています。



2020年5月20日より、東海道・山陽・九州新幹線では一部号車客室内の最後部座席後ろを「特大荷物スペース」として設定します。床や壁面にステッカーが掲出されています。



特大荷物(3辺の合計が160cm超、250cm以内)を持ち込む場合は『特大荷物スペースつき座席』を事前に予約する必要があります。車内では指定されたスペースに荷物を置く流れとなります。



客室内の「荷物スペース」に加え、東海道新幹線では今後デッキ部に「特大荷物コーナー」も設置されます(予約制、2023年度~)。N700Aは改造で設置されますが、N700Sは既に設置されています。



デッキの防犯カメラの様子。



N700S多目的トイレの様子。



N700S量産車のグリーン車車内です。



グリーン車の「特大荷物スペース」の様子です。ステッカーは壁面に掲示。



グリーン車の『特大荷物スペースつき座席』利用イメージ。



N700Sは2020年7月1日にデビューを予定、JR東海によるとN700Aと一体で運用していくとのこと。

現在はデビューに向けた走行試験など、営業運転に向け準備を行っているとのことです。


そのほかN700Sの特徴・基本仕様の紹介や乗車レポートは下記の過去記事に掲載していますので、ぜひ併せてご覧ください!


画像提供:JR東海


関連記事



お披露目された「N700S」 東海道新幹線の新型車両はココがすごい!(2018/03/10記事)



新幹線N700SとN700Aの違いを写真で徹底的に比較してみた(2019/04/20記事)



東海道新幹線N700Sに一足早く乗ってみた(2019/10/30記事)



東海道・山陽・九州新幹線、特大荷物置場を設置へ 事前予約制を導入(2019/08/29記事)


特大荷物スペースつき座席事前予約 特設ページ


記事内の情報は全て掲載時点のものです。

この記事を読んだ方に、絶対読んでほしい記事

  • 最新情報をいち早く入手!
  • 楽しい動画を発信中!
  • 今すぐ旅がしたくなる!


  • 鉄道新聞®トップページへ